◆ご訪問ありがとうございます◆
◆管理人からのお知らせ◆
◆CATEGORIES◆
RECOMMEND
春風
春風 (JUGEMレビュー »)
ゆず,葉加瀬太郎,岩沢厚治,北川悠仁
RECOMMEND
アゲイン2
アゲイン2 (JUGEMレビュー »)
ゆず,北川悠仁,寺岡呼人,岩沢厚治
RECOMMEND
トビラ
トビラ (JUGEMレビュー »)
ゆず,北川悠仁,寺岡呼人,岩沢厚治
RECOMMEND
RECOMMEND
ゆずマン
ゆずマン (JUGEMレビュー »)
岩沢厚治,北川悠仁
RECOMMEND
ゆず一家
ゆず一家 (JUGEMレビュー »)
北川悠仁,岩沢厚治,ゆず,寺岡呼人
RECOMMEND
リボン (初回限定盤)(DVD付)
リボン (初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
ゆず, 北川悠仁, 寺岡呼人, 岩沢厚治
RECOMMEND
ユズモア
ユズモア (JUGEMレビュー »)
ゆず, 北川悠仁, 寺岡呼人, 岩沢厚治
RECOMMEND
◆CALENDAR◆
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
◆ARCHIVES◆
◆「ゆずレポ」内検索◆
<< ゆずLOCKS!第62回 | main | あんぱんちからのお知らせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ゆずLOCKS!第63回(最終回)
「ゆずレポ」お休み中の特別レポ第ニ弾です!

ゆず先生の最後の授業で電話しまくり。
(2007年3月27日)
ゆずLOCKS!

願い叶わず…最終回なのにフリートークは無かったすな〜。
では、簡易レポになっちゃいますが、最後のレポいってみよ〜!


SE:チャイム&ドアを開ける音
オープニングからリスナーと電話でトーク。
まずは、呼魂ナンバー1の“よし太”さん。
番組で流行した「大好きです!」を再び叫んでもらい「春風」へ。

♪春風♪
(番組ジングル)

番組説明&自己紹介。
北川 「改めまして、こんばんは!
     『泣きたい時に 泣くべし 笑いたい時に 笑うべし』
     青春ティーチャー1号・ゆずの北川悠仁と」
岩沢 「『叫びたい時に 叫ぶべし 会いたくなったら 会うべし』
     青春ティーチャー2号・岩沢厚治です」
北川 「やはり、この番組は逆電ですから、名物は」
岩沢 「そうですね」
北川 「電話しましょう、今日は」
と、ここから「ゆずLOCKS!」縁のリスナーと電話でトーク。
・アコギな奴らの“とも”くんとトーク
“とも”くんが以前電話で披露した「ゆずに贈る歌」を電話越しに歌わせるゆず。
・呼魂ナンバー6の“春夏”さんとトーク
“春夏”さんのように未解決の呼魂は、今後は校長と教頭に託す、と。
・「つながり」を作詞した“えーやん”さんとトーク
“えーやん”だけに、ゆずは歌詞を見た時に「えーやん!」と思ったそうです(笑)。
3人で「ありがと〜!」と叫んで…

♪つながり〜呼魂を響かせて〜♪

最後の挨拶。
電話の呼び鈴が鳴り…
北川 「もしもし〜。ゆずの北川悠仁です」
岩沢 「岩沢厚治です」
北川 「最後は、SCHOOL OF LOCK!の徒全員への僕達からのメッセージです。
     じゃ、岩沢さんから…」
♪嗚呼、青春の日々♪
岩沢 「そうですね〜。
     最初ね、この番組が始まって『先生になってください』
     って言われたわけですよ。
     やっぱり学生時代を思い出して、
     あんまり僕は…ゆずお互い言えるんですけど…
     あんまり素晴らしい生徒ではなかったような気もしつつね(笑)」
北川 「はい。劣等生です(笑)」
岩沢 「優等生というにはちょっとアレかな?っていうくらい」
北川 「先生方すいませんでした(笑)」
岩沢 「『そんな僕ら二人が先生になれるわけないや』ってちょっと思ってた部分も
     あるわけですよ。
     でもやっぱりね、今日を迎えて『先生になれた気がする』っていうか…」
北川 「なるほどね」
岩沢 「ていうのは、やっぱり生徒の皆さんが我々を後押ししてくれて…
     『ゆず先生ゆず先生!』と…言っているうちに我々ゆず先生になっちゃった
     みたいな」
北川 「あ〜、ありますよね、そういうの」
岩沢 「皆さんのお陰でね、先生になれました。ほんとにありがとうございます!
     感謝の気持ちでいっぱいです」
北川 「じゃ、私からも。最初体育の講師を受け持つにあたって、
     海賊先生から…番組の創始者ですね…(笑)
     今インターネット上で一方的な会話がたくさんあるじゃない?
     言葉が乱用されたりとか。
     そういう中で、そのインターネットで出会った人達が、実際声を出して
     コミュニケーションを取るっていう事をしたいんだ、
     っていうのを(海賊先生が)言われたんですよね。
     僕はそれがすごく感銘して、この番組をやらしてもらいたいな、
     って思ったんですよね。
     で、呼魂とかアコギな奴らとかで、インターネットの世界から言葉が
     どんどんどんどん聞こえてきて、しっかりとしたコミュニケーションが
     取れていくっていうのが、僕はすごく嬉しくて、
     毎回みんなの中に眠っている本当の声みたいなものを
     番組の中で沢山聴けて、あの〜ほんとに嬉しかったです」
岩沢 「そうですね〜」
北川 「それで、その一つの結晶として『つながり』という曲も出来たし、
     本当に幸せなコーナーだったな、と思っております。
     最後になりますが、みんな本当に、みんなのお陰で番組が出来まして、
     本当にありがとうございました!!」
岩沢 「ありがとうございました!!」

黒板を書く音。
北川 「ピピピピピー!!
     よ〜し、みんな〜!!このフエの音、覚えておいてくれよ〜!
     それじゃ〜いってきま〜す!!」
岩沢 「ピーッ!
     またこの学校で会おう〜!」



校長・教頭情報によると、最後の黒板には「つづく」と書いてあった、と。

来週からは「ゆずLOCKS!」無いんですね…。
火曜23時はどうしましょう?
久しく見てなかった「ぷっすま」でも見ようかなぁ(笑)

ポチっとお願いします
(今回のレポ名は【ゆずLOCKS!第63回(最終回)】です)


これにて「ゆずLOCKS!レポ」コンプリート致しました〜。
全63回…よくやった、自分!!(笑)
最後までレポにお付き合いいただき、ありがとうございました!!


それでは…いつかまた〜あえる日まで〜♪



2007.3.28 00:15にアップしました。
| ゆずLOCKS!レポ | 12:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 12:01 | - | - |